自転車保険とはどんな物?

自転車保険とはどんな物?

先日久しぶりに自転車で出掛ける事にしました。

普段の移動はほとんど恋人の車で出掛けていました。

しかし数ヶ月後に車を買い替える為、今は手元に車がありません。

コンビニなどに行く際は自転車で移動するようにしています。

ここ最近ずっと自転車に乗っていなかったからか…。

少し油断をするとブレーキをかけるのが遅くなってしまいます。

自転車も衝突してしまうと大きな事故に繋がる為、十分に気を付けたいと思います。

自転車と言えば、最近は『自転車保険』と呼ばれる保険があるそうです。

生命保険や自動車保険などはよく耳にしますが…。

自転車保険はあまり耳にした事がありません。

今ではあまり自転車に乗る事はありませんが…。

将来子供が出来た時に参考になるのでは無いかと思い、色々と調べて見る事にしました。

自転車保険とは、自動車保険を自転車に変えたような保険です。

自転車を運転している際、万が一歩行者や他の自転車にぶつかってしまう事があります。

その際に相手側に大きなダメージを与えてしまった時などにも保障があるそうです。

また歩行者や運転をしている人の体だけでは無く、財物や公共物を破損した場合にも保障を受ける事が出来ると言うのが自転車保険の魅力です。

また自分が誰かにぶつかられ、怪我をしてしまった場合も保障を受ける事が出来ると言われています。

『保険』と聞くと何だか改まってしまいますが…。

月々に支払う金額は自動車保険とは違いかなり安い金額です。

それで保障を受ける事が出来ると言うのは、何だかお得な気がしてしまいます。

私は実家で生活していた頃、自転車が私の足となっていました。

車の免許なんてもちろん持っていませんし…。

買い物や仕事先に行く時はいつも自転車に乗っていました。

更に土地柄なのか自転車の利用数はかなり多く、自転車同士の衝突事故は頻繁に起きていました。

私も何度かぶつけてしまった事がありました。

大怪我を負ったり、大怪我を負わせてしまった事はありませんが…。

もしも負わせてしまっていたら大変な事になっていたと思います。

保険にはあまり興味はありませんでしたが…。

もしも子供が出来たら自転車保険に加入させてあげようと思いました。

背中脱毛

「ザ・ダーク・タワー」の映画化中止が残念

ホラー小説作家で人気のスティーヴン・キング。彼のライフワークの一つとなっている「ザ・ダーク・タワー」という長編作品の映画化が長らく待ち望まれてきたのですが、残念なことに制作が中止となってしまったようです。

スティーヴン・キング氏といえば、映画「スタンド・バイ・ミー」、「グリーン・マイル」、「ショーシャンクの空に」「シャイニング」など、様々な小説が映画化されて大ヒットを記録させた、ハリウッド映画を支えている大きな存在です。

長編作品である「ザ・ダーク・タワー」は、映画化すれば、それは1本では収める事は不可能で、3部作、もしくはそれ以上の作数が期待できるというまるで宝石の実る木の種のような作品でした。

「ザ・ダーク・タワー」は、アメリカの西部開拓時代のような荒廃ワールドを舞台に展開するファンタジー物語で、主人公のガンスリンガーを中心に仲間達との旅を描いた作品です。スティーヴン・キング版、「指輪物語」といっても過言では無いくらいの超ファンタジー作品です。

この作品の映画化は多くのファンが待ち望んでいました。そしてキング氏自身も、大きなヒットを獲得できる制作側も待ち望んでいたことでしょう。しかし制作は、制作予算の問題で中止が決定してしまいました。

残念なことになってはしまいましたが、いずれ映画化される可能性はあります。そのときを楽しみに待つしかありません。

私がキング氏の作品を読むようになったのは、まだ日は浅く、3年前です。たまたま古本屋さんで、「恐怖の四季」という彼の中編小説を4本収録した作品を手にして、その中に収録されている「刑務所のリタヘイワース」と「死体」に興味を持ち、読み始めたのがはじまりでした。

その後、「グリーンマイル」や「シャイニング」、「アトランティスのこころ」など、数多くの作品を読んでいき、「ザ・ダーク・タワー」も読みました。

ですから、「ザ・ダーク・タワー」の映画化は私もずっと楽しみにしていただけに、製作中止は非常に残念です。主役はラッセル・クロウの配役が考案されており、原作の姿をラッセル・クロウと重ね合わせて読み返したほどです。

本当に制作中止は残念です。ですが、制作予算を削ってまで無理に映画化し、残念な結果になってしまうよりは、良いかもしれませんね。

きっとまだ、映画化の時期って事では無いのでしょう。時期が来るのを楽しみにして、私は大人しく待ち続けます。